テーマソングを調べよう! Part1

これは筆者がテーマソングについて調べて思いのたけを思うままに書いていく企画です。

ラグビーW杯見ていましたか?ブレイブブロッサムズ日本代表選手すごかったですね!ベスト8なんて夢みたいです!感動して流した涙は数知れず、選手ごとに調べれば調べる心に刺さるエピソードが多すぎて、ラグビーって本当に良いものですね、と心から言ってしまうにわかファン!の私ですが、皆さん来年はオリンピックですよ。ラグビーの次はオリンピック!また数々のドラマと感動が日本で見られるわけです。楽しみですね。

ドラマといえばNHKでも「いだてん」がやっていますが徐々に盛り上がりが起こってくると思いますよ(ドラマは低視聴率ですが放送する時期を間違っていますよね、実際。オリンピックイヤーに流せば良いのになんででしょう?裏事情をお知りの方がいましたらこっそり教えて下さい。もし今年オリンピックじゃなくてラグビーをテーマにした、それこそノーサイドゲームじゃないですけど、日本ラクビーの黎明期からブライトンの奇跡までを描くドラマを流していたら歴史的高視聴率を取れていたかも知れませんよ。自国開催の強みってあるし。タイミングって大事だけど4年後に合わせて企画してもやはりインパクト弱いから難しいだろうし、開催するまでマイナー扱いだったからしょうがないけどブレイブが足りませんでしたね。逆に来年いだてんを流していたら相乗効果で視聴率も違っていたかも知れないです。時期を見誤っていると穿った気持ちになる今日この頃です)。

そして、オリンピックって言えばやっぱりテーマソングですよ!いえ、私もたった今注目したんですけど、ええ。でも、テーマソング大事ですよ。今回のラグビーW杯もいろいろな曲流れていましたけど、何が印象深かったって、名場面に必ず曲がかかれば頭に残らざるを得ませんし、やっぱり切っても切り離せない演出ですし、私はB’zのでしたけど、テーマソングって大事ですよね!そうなんです、テーマソングって大事なんです!
それで、1964年の東京オリンピックのテーマソングは、じゃん!

「東京五輪音頭」!!!!!

知っていますか?私は知りませんでした。いえ、当時はテレビが普及する前でしたし、演出とかの重要性もそれほど認知されていなかったでしょうし、あの三波春夫が歌っているし(万博の歌も歌っていますよ!こんにちは〜🎶)、日本って言えば音頭だし、ですけど、だけどもだけど!なんかやっぱりノリが違うってイメージです。時代のせい?いや、公式のオリンピックファンファーレは格好良いです。好きですね。
とにかく、テーマソングは大事ですから、盛り上がる名曲が多く起用されるんです。オリンピックもW杯(ラクビー、サッカー、他にも色々あります)も他のイベントでもテーマソングたくさんあります。スポーツとテーマソング、今後も取り上げていきたいと思います!
乞うご期待!

関連記事

  1. 音楽の起源を探る!Part6

  2. 勝手にNEW COMER Part8

  3. 勝手にNEW COMER Part6

  4. テーマソングを調べよう! Part3

  5. 音楽の起源を探る!Part3

  6. 勝手にNEW COMER Part11

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

公式Twitter