桃の花は咲ねど桃の節句 桜はいつ咲くか

4月に入っていよいよ気温も上がってきました。桜もだいぶ咲いているし、桃もピンクの可愛らしい花をつけています。春らしくなってきましたが皆さんいかがお過ごしですか?

しばらくコラムをお休みしていましたが、暖かい春になったらムズムズ、土の中の虫達が顔を出すかのように、私も何やらボチボチ「書き心」がつくしの子よろしく芽を出してきたしだいです。そう思いつつも何を書こうか思い悩むわけですが、4月から始まるものは数多くあるわけでして必然的に新しい出会いもあるわけです。それを使わない手はないですよね。

今回は楽しみな新発見を紹介しましょう。

今年はアニメが熱を帯びております。「葬送のフリーレン」「薬屋のひとりごと」そして、「ダンジョン飯」。日本でも海外でもその人気は鰻登りです。YouTubeで感想を発信している外国人は数多く(フレッシュ兄貴がいい味出してます)、掲示板でも盛り上がっているようです。

3月で一区切りついたこれらのアニメ、フリーレン以外は2期放送が決定されているので大いに楽しみです。どのアニメも原作漫画から素晴らしく大人気ですからアニメでももちろん素晴らしいのですが、漫画にはない要素、そう「音」、具体的に主題歌の素晴らしさはこれらのアニメ人気を大きく支えているものの一つでしょう。

普段アニメに全く興味のない私の妻が「葬送のフリーレン」1期2期エンディング曲miletさんの「Anytime Anywhere」をヘビロテしていたのを知った時は戦慄が走りました。確かに素晴らしい歌声と楽曲ですから無理ありませんが、私と子供達が見ていた時はそんなそぶりすら見せなかったのに、いやーアニメって本当に良いものすね。まだ若い斎藤圭一郎監督に敬意を表したいです(ぼっち・ざ・ろっく!の監督でもありますね!)。

 

さてでは4月の新しい発見の紹介ですが、ズバリ「ダンジョン飯」の2期エンディングであるリーガルリリーの「キラキラの灰」です。うーん、すごくポエミーなタイトルですよね。たかはしほのかさんの才能がそこに煌めいているじゃないですか。「キラキラ」と「灰」って組み合わさる?いや、組み合わせてますね(笑)イメージは灰かぶり姫、あのシンデレラでしょうか?たかはしさんが原作のイメージを歌にしたそうなので私の予想とは違うでしょうが、彼女の歌声と相まって心がキラキラしそうなかなりの名曲です。もしかしたらまた妻がヘビロテするかも、少し楽しみです。

4月は出会いの季節。皆様にいい出会いがありますように!

それではまた!

関連記事

  1. 40歳児の手習

  2. 別れの季節

  3. パラリンピック

  4. 侍ジャパン ありがとう!

  5. 勝手にNEW COMER Part14

  6. 勝手にNEW COMER Part8

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

公式Twitter